読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無気力サイダー

だらだら書きたいことを書き連ねております。

個人情報の管理の差

スポンサーリンク

個人情報!個人情報!と騒ぐようになってだいぶたつと思う。

学校から連絡網がなくなったとか、卒業アルバムに住所が乗らなくなったとか。

以前勤めていた職場でも個人情報については、当たり前だがとても厳しかった。

顧客情報のかかれたものは鍵をかけて保管し、不要になればシュレッダー廃棄、それが当たり前だと思っていた。うっかり個人情報が描かれたものを他のお客様にみせるなどとはありえないことである。

 

しかし、客の立場になって店に行くとなかなかずさんな扱われ方をする。

某車関連のお店で「会員カードを作ると安くなるのでここに住所と名前と電話番号を…」と言われ、安くなるのであれば!と記入した。

会計のため別カウンターへの移動を促され支払いをしていると、先ほどまで座って会員カード申し込み用紙を書いていたところに別の客が座っていた。

「お客さんが勝手に座っちゃった!やば!」というのは私も店員側で経験しており、どこでもあるんだなあ〜と思い見ていた。しかしその客が座った目の前には、私の個人情報が書かれた会員カード申込書が…。お客さんが勝手に座っていることに別の店員が気づいたようで何か会話をしていたので、すぐ片付けてくれるだろうと思っていたらお客さんを待たせた上でそのまま放置しているではないか。いや彼は気づかなかったのかもしれない。それはそれで問題だけど気づかないなら対処しようがない。会計中の店員に言おうか迷っていたところ、彼もその状況に気づいたようで慌てて私の個人情報をとりに行った。

なんだよかったよかった〜!

と終わればよかったのだが、お店が混雑していたせいかその店員は再び私の個人情報をそのままその客の前に置いて会計へと戻ってきたのである。

面倒なのでその場で何か言うことはなかったが、とてもガッカリな話である。

 

このようなことは割とよくある。

先日行った美容室でも、「かけてお待ちください」と言われたので椅子に腰掛けたら目の前のテーブルに、私の前に来店したであろうお客様の個人情報(初回来店の時に書く紙)がそのまま置いてあった。忙しそうなので指摘することもせず見ないようにして過ごした。

しばらくして私を席に案内しようとスタッフが寄ってきてその個人情報と私を見比べて頷いていた。ちがう、それは私ではない。しばらくしてからこれは前の客のものだと気づいたようで、ハッとしたような顔をしていた。

 

どこへ行っても個人情報個人情報と騒ぐようになってだいぶ経つ割にはきちんと管理されてないことが多いなあと思う。

ちらっとみたその場の誰かが悪用するなんてことはそうそうないとは思うけれど。

 

会社の教育がなっていないから現場でこのようなことが起こるのだろう。個人情報管理の重要性をもっと教育してほしい。